Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://franceonsen.blog114.fc2.com/tb.php/443-062d9826

-件のトラックバック

-件のコメント

[C1350] 猫が行方不明!

この映画のビデオは、もう何ヶ月も前にフランス語の同僚に借りたのですが、あちこち旅行に行ったり何やかやで、まだ観ていません。同僚も「いい映画だよ」と言っていました。今は映画どころではないくらい、精神的に余裕がありませんが、夏休みに入ったら観てみようと思います。
  • 2011-06-19
  • いわし
  • URL
  • 編集

[C1351] いわしへ

華々しいところはないんですが、良い映画ですよ。ただ好き嫌いが分かれる、という気はしますけどね。で、フランス映画ってそういうのが多いですよね。
  • 2011-06-19
  • まゆの
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

フランス映画のDVDを見ました。「猫が行方不明」

 昨日、娘とフランス語の原題はChacun cherche son chat (それぞれ自分の猫を探す)という映画を見ました。1996年の封切り当時に話題になっており、見たいと思っていたのですがやっと見ることが出来ました。

 早口言葉になりそうな原題が印象的ですが、邦題は「猫が行方不明」というのですね。なんとも情緒がない感じですが、仕方がありません。

 さてこの映画、非常にフランス的な映画だと思いました。長女の評価も高く、二人で「良い映画だね」と話し合ったのですが、とても地味~な映画です。長女が Il n'a y que des ratés(失敗してる人しかいない)と評したように、登場人物はパッとしない人生を送っていそうな人ばかりで、みんな何かしらの問題を抱えて日々を生きています。そして舞台は映像で見て明らかにパリなのですが、長女が「ここってどこなの?」と言うのも無理はない、花の都パリとはほど遠い、垢抜けない町なのです。垢抜けない舞台で、垢抜けない登場人物たちが、それぞれのパッとしない人生の中で、それぞれの物語を生きています。

 映画は、主人公クロエが飼い猫の預かり先を探しているところから始まり、最初どういう関係にあるのかよく分からないクロエとその同居人らしい男との猫をまつわる会話へと続きます。結局、預けた猫が居なくなり、それを探す、というストーリーなのですが、その中で、クロエとクロエを取り巻く人たちの人生が見えてくる、というわけです。登場人物はひと癖もふた癖もある人ばかりで、華やかで美しい人は一人も居ませんが、そこがまたリアルです。唯一魅力があるように見えた人物も、中身はなさそうで、それを象徴するかのように、その人物には役名すらありません。俳優さんたちは演技には見えず、全くそういいう実在の人物であるかのように見えます。立派な人もいないのですが、全くの悪人もいないです。その中で、主人公のクロエが、猫を探すことを通していろいろな人間関係を築いていくところが心が温まります。

 途中、クロエが同居人の男性に自分の意見を語っているシーンがあり、そこでは鏡に映ったクロエが映像となっていました。それを見て娘が言いました。「鏡というのは反対に写るから、これは本当に思っていることを言っているんではないと思うよ。」 古典的な手法だと娘が言っていましたが、なるほどと思いました。他にもいろいろ細かい造りになっており、秀作だと思いました。

 「あー、ダサい人しか出てこない。」と言った娘に「フランス的な映画だよね~」と言ったら「フランスがダサいって言いたいわけ?」と言われましたが、そういうことではなく、物語はこういう地味なところに存在する、というのがフランス的に思えたんです。

 恰好いい主人公が次々と華麗に事件を解決する、みたいな映画を好む方には面白くないと思いますが、私は味のある良い映画だと思いました。

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://franceonsen.blog114.fc2.com/tb.php/443-062d9826

0件のトラックバック

2件のコメント

[C1350] 猫が行方不明!

この映画のビデオは、もう何ヶ月も前にフランス語の同僚に借りたのですが、あちこち旅行に行ったり何やかやで、まだ観ていません。同僚も「いい映画だよ」と言っていました。今は映画どころではないくらい、精神的に余裕がありませんが、夏休みに入ったら観てみようと思います。
  • 2011-06-19
  • いわし
  • URL
  • 編集

[C1351] いわしへ

華々しいところはないんですが、良い映画ですよ。ただ好き嫌いが分かれる、という気はしますけどね。で、フランス映画ってそういうのが多いですよね。
  • 2011-06-19
  • まゆの
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

ランキング参加中

このブログを面白いと思って下さった方は以下のバナーをクリックして応援してくださいね。

にほんブログ村 海外生活ブログへ

にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気blogランキングへ

コメントありがとう!

プロフィール

まゆの

Author:まゆの
フランスに住み始めて早17年。2003年からリヨンの郊外に住んでいます。フランス語に限らず語学や語学学習にはいつも関心を持っています。フランス生活についても、個人的な視点で書いていこうと思っています。家族はフランス人の夫プー、長女のえ(19歳)、長男チッチ(15歳)次女奈々(10歳)の5人、プラス2007年8月23日から飼い始めたうさぎのクッキー。

メールフォーム

ご質問・ご要望などありましたらお気軽にどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター設置してみました

リンク

管理者ページ

今のリヨンの天気は?

Click for Lyon, France Forecast

バナーをクリックすると週間天気予報も見れます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。