Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://franceonsen.blog114.fc2.com/tb.php/4-4c90e584

-件のトラックバック

-件のコメント

[C1366] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C1372] 鷲の名前について・・・

紹介されている2頭の鷲の名前について、誤解があるようなのでコメントさせてください。

「Aigle royal」と紹介されている鷲は「Golden Eagle」、和名は「イヌワシ」です。(犬が吠えるように鳴くことからそう呼ばれています)

「Aigle à tête blanche」と紹介されている鷲は「Bald Eagle」、和名は「ハクトウワシ」です。

「オジロワシ」は尾のみが白く、頭は褐色で、フランス語では「Pygargue à queue blanche」、英語では「White Tailed Eagle」です。
  • 2012-07-18
  • 流れ者
  • URL
  • 編集

[C1374] 流れ者さんへ

コメントありがとうございます。一般公開されていないコメントでも同じような指摘がありました。名称は辞書で調べたはずなのですが、アテにならないもんですね。実際にご存知の方のご指摘の方が確実です。
実は先日久しぶりにこの猛禽パークに行ってきました。ショーの内容は似ていましたが、前には居なかった卵の殻を割って食べる鳥が出ていました。そしてフクロウの子供たちのデビューだとかでなんとなくよちよちした小さいフクロウも登場しました。ワシが私の頭の上に止まり、子供たちが喜んでいました。ちょっと重くて爪でつかまって来たので少し痛かったです。
  • 2012-09-12
  • まゆの
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

オオカミと猛禽の動物園

 日曜日に近所のオオカミと猛禽の動物園へ家族で行ってきました。ここです。 画像をクリックすると大きくなります。この園のサイトはこちら

poster

   これはパンフレットですが、rapaces(猛禽)、
     loups(オオカミ)の文字が見えます

 
 Mont du Lyonnais(モン・ドゥ・リヨネ)と呼ばれるリヨン近郊の山のなかにある Courzieu(クールジュー)というところにあります。動物園と言っても檻の中の動物を見物するのではなく、鳥のショーとオオカミの食事のショーを見るのが中心で、あとは谷間にいるオオカミたちの様子を見られる散歩コースと子供の遊び場とカフェテリアがありました。
 
 他の写真と記事の続きを見たい方は以下をクリックしてください。

 まず一日3回あるという鳥のショーから見ました。最初はフクロウとミミズクの登場です。写真は全てクリックすると大きくなります。

ふくろう


係員が手袋をした腕を示すと指示を受けたフクロウが腕に止まります。夜行性の動物なのにどうやってやるのか不思議に思いましたが、あちこち移動して美しい動きを見せた後、いよいよ大型の猛禽が登場。

 この手の鳥のショーはPui de fou (下記注参照)でも見たことがあり初めてではなかったのですが、何度見ても迫力がありますねー。頭のすぐ上を大型の鳥が次々と飛び交うんです。ハゲタカの羽音を耳元で聞き、羽で起こる風を顔に受けました。普通ではなかなか出来ない体験ですよね。7歳の息子が感激してました。

猛禽が自分に狙いをつけて飛んでくるような感じなんです。その様子を写真に収めたかったのですが、動きが速過ぎてなかなかいい写真になりませんでした。一番マシだったのをアップしておきます。

飛ぶ鳥+観客


 このハゲタカは体重10kgぐらいらしいですが、係員の腕や肩や果ては観客の膝の上にも止まっていました。下の写真はよく見ると手に止まっています。手乗りハゲタカ!?

vautour


 フランスで猛禽(フランス語でrapace)と言えば、まずこの鳥でしょう。Aigle royal (エーグル ロワイヤル)というワシの一種です。係員は全部で4人ぐらい居ましたが、このおじさんがマイクで解説を入れながらショーを行っていました。

オジサントオジロワシ


 あと活躍が印象に残ったのはこの鳥。Aigle à tête blanche (白い頭のワシ)という名前で紹介されていましたが、あとで調べたら日本語ではオジロワシでした。尻尾に目を付けて命名した日本人と頭に目を付けて命名したフランス人。目の付け所が違いますね。

おじさんとオジロワシ本物
     Ca a l'air féroce!
      獰猛そうですねー。
 
 この鳥について、名前は何だったっけ?と聞いた私に夫がアメリカ合衆国のシンボルだよ、とつぶやいていました。家で子供の動物図鑑で調べてみたら、そこにもそう書いてありました。フランスでは常識らしいです。(私は知らなかったけど。)ちなみに次女3歳にこの鳥のぬいぐるみを買いました。

 長くなってきたのでこの動物園のオオカミについては別の項に書きます。

 ここでこの記事に関連するフランス語の勉強がしたい人はこちらへどうぞ。

注:
Puy de fou (ピュイ・ドゥ・フー)
フランス西部にある、中世ヨーロッパとローマ帝国をテーマにしたテーマパークです。サイトを見たい方はこちら。読まなくても見て楽しめるサイトになっています。英語版もありますよ。








 

 

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://franceonsen.blog114.fc2.com/tb.php/4-4c90e584

0件のトラックバック

3件のコメント

[C1366] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C1372] 鷲の名前について・・・

紹介されている2頭の鷲の名前について、誤解があるようなのでコメントさせてください。

「Aigle royal」と紹介されている鷲は「Golden Eagle」、和名は「イヌワシ」です。(犬が吠えるように鳴くことからそう呼ばれています)

「Aigle à tête blanche」と紹介されている鷲は「Bald Eagle」、和名は「ハクトウワシ」です。

「オジロワシ」は尾のみが白く、頭は褐色で、フランス語では「Pygargue à queue blanche」、英語では「White Tailed Eagle」です。
  • 2012-07-18
  • 流れ者
  • URL
  • 編集

[C1374] 流れ者さんへ

コメントありがとうございます。一般公開されていないコメントでも同じような指摘がありました。名称は辞書で調べたはずなのですが、アテにならないもんですね。実際にご存知の方のご指摘の方が確実です。
実は先日久しぶりにこの猛禽パークに行ってきました。ショーの内容は似ていましたが、前には居なかった卵の殻を割って食べる鳥が出ていました。そしてフクロウの子供たちのデビューだとかでなんとなくよちよちした小さいフクロウも登場しました。ワシが私の頭の上に止まり、子供たちが喜んでいました。ちょっと重くて爪でつかまって来たので少し痛かったです。
  • 2012-09-12
  • まゆの
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

ランキング参加中

このブログを面白いと思って下さった方は以下のバナーをクリックして応援してくださいね。

にほんブログ村 海外生活ブログへ

にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気blogランキングへ

コメントありがとう!

プロフィール

Author:まゆの
フランスに住み始めて早17年。2003年からリヨンの郊外に住んでいます。フランス語に限らず語学や語学学習にはいつも関心を持っています。フランス生活についても、個人的な視点で書いていこうと思っています。家族はフランス人の夫プー、長女のえ(19歳)、長男チッチ(15歳)次女奈々(10歳)の5人、プラス2007年8月23日から飼い始めたうさぎのクッキー。

メールフォーム

ご質問・ご要望などありましたらお気軽にどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター設置してみました

リンク

管理者ページ

今のリヨンの天気は?

Click for Lyon, France Forecast

バナーをクリックすると週間天気予報も見れます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。