Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://franceonsen.blog114.fc2.com/tb.php/361-cdfc41a3

-件のトラックバック

-件のコメント

[C1126] 心があたたまりますね。

いつも楽しくこのブログを見ております。。

フランスではこのようなボランティアがあるのですね。
しりませんでした。

今日この記事をみてなにかやりたくなってしまいました。。
  • 2009-04-23
  • Rewey@たく
  • URL
  • 編集

[C1127] Rewey@たくさんへ

 コメントありがとうございます。私はボランティア活動に参加したことがないのですが、このような場でボランティアをされている年配の方を見ると、こういう老後の過ごし方もあるな~、と思います。

[C1128] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C1130] 1128さんへ

 私もボランティアでやっていることもあるのですが、いわゆる「ボランティア活動」ではありません。他にもボランティア活動に積極的参加している年配の方たちを知っていますが、誰かのために、というよりも自分のためにやっているように思います。活動を通して知り合った仲間との交流が楽しいとか、自分にとって良い経験になるとか、そういう一種のメリットがないとなかなか続かないのではないでしょうか。ボランティアと言えど引き受けた以上、責任があるでしょうし、活動の内容によっては不愉快なこともあるはずです。そういうのも含めてやっていこう、というのはやはり立派ですよね。

[C1131] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C1132] 1131さんへ

 確かに寄付するときにそのお金は本当に困っている人たちに届くのだろうか、と思ってしまいますよね。具体的な物で寄付するというのは私もいいアイデアだと思います。お金は抵抗があるけれど、こういう形なら協力しようという人も多いのではないでしょうか。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Les restos du Coeur 「心のレストラン」

 先日、近所のスーパーに買い物に行くと、入ったところのホールで年配の男性が

Bonjour, Madame. Les restos du coeur.

と言いながら、メモ用紙大の紙片を差し出して来ました。

すぐ何か、分かったので

Bonjour, merci.

と答えながら紙片を受け取りました。

年配の男性はあと二人ぐらい居て、みな紙片を配っていました。Les restos du coeur(心のレストラン)というのは恵まれない人に料理を無料でサービスしているボランティア団体で、1985年にコメディアンColuche(コリューシュ)によって提案され、以後組織は全国に拡大していき、現在は全国に支部があり、多数のボランティアが参加して活動を行っています。

このように時々スーパーなどに出向いて、買い物客に寄付を募ります。今回紙片を配っていた年配の男性たちもボランティアでしょう。退職後このようなボランティア活動に参加する方も大勢いらっしゃるようです。

 この団体への寄付は小切手を送るなどして、お金を寄付することももちろんできますが、今回のようにスーパーで募る寄付はお金ではなく、食べ物の寄付を募るためのものです。

 私も年末と夏の年に2回ほど、こちらの懐状況に合わせて何らかの寄付をすることが多いのですが、小切手を送りながら時々思うのは、こういう寄付金はどのように使われているんだろうか、ということです。ボランティア事業でもいろいろ運営費がかかるでしょうし、寄付金の全てが寄付した人の意図にかなった使われ方をしているとは限りません。その点、この食べ物を寄付するやり方は、物で寄付している分、他の物に化ける可能性は低く、寄付が無駄になりにくい気がします。私が選んだ食品が、どこかの困った人の口に入ってつかの間かもしれませんが、疲れた心を癒すかもしれません。そう思うと寄付しやすいですよね。

 さて、食品ならなんでもいいのか、というとそうではなく、今足りない品をリストにして指定しています。必ずしもそのリストの品でないといけない、ということはないでしょうが、リストのものを寄付するのが喜ばれるということです。そのリストが配っていた紙片なんです。

紙片には次のように書いてありました。(全文引用します。)

Les restos du coeur

Produits les plus utiles

Produits pour adultes.

Café, thé, cacao
Sucre morceaux
Huile
Chocolat en tablettes, confitures
Conserves de fruits, légumes
Conserves de poisson
Patês, riz
Biscuits
Hygiène adultes et bébés

De tout coeur merci
(ne pas jeter ce document sur la voie publique)

心のレストラン

一番役立つもの

大人向けの品

コーヒー、紅茶、ココア
角砂糖

板チョコ、ジャム
果物や野菜の缶詰
魚の缶詰
パスタ、米
ビスケット
大人と赤ちゃんの衛生用品

心からありがとう。
(この紙を公道に捨てないでください。)

このリストを見てすぐ、お米を寄付しようと思いました。日本人らしいですから。お米は栄養的にもバランスが取れているそうですし。

 売り場に入ってすぐの目立つところにリストにあった品の特売品が積んでありました。寄付用にスーパーが用意してあるのです。スーパーだって売り上げ向上になりますから、協力しますよね。リストにはない小麦粉やジュースなども並んでいました。お米はそこにはなかったので、私はお米の売り場で安いものを一袋買いました。こちら風の長いお米の1kgパックです。(普通1kgごとのパックになっているんです。)私は日本風にお米を炊く時は丸いお米を使いますが、丸いお米はデザート用と言われていて、フランス人が普通食事に使うのは長いお米の方です。

 さて帰り際に、寄付の品を入れるためのカートにお米の一袋を入れると

Merci, Madame.

と声がかかりました。カートには既にいろいろな品が入っていました。野菜の缶詰、コーヒー、角砂糖・・・。私が「日本人らしくお米にしよう。」と思ったように、それぞれ何かしら考えて選んだ品なんですよね。

Bonne journée.(よい一日を。) 

と言いながら、ちょっといいことをしたような気がして、気分よく立ち去りました。

 

 

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://franceonsen.blog114.fc2.com/tb.php/361-cdfc41a3

0件のトラックバック

6件のコメント

[C1126] 心があたたまりますね。

いつも楽しくこのブログを見ております。。

フランスではこのようなボランティアがあるのですね。
しりませんでした。

今日この記事をみてなにかやりたくなってしまいました。。
  • 2009-04-23
  • Rewey@たく
  • URL
  • 編集

[C1127] Rewey@たくさんへ

 コメントありがとうございます。私はボランティア活動に参加したことがないのですが、このような場でボランティアをされている年配の方を見ると、こういう老後の過ごし方もあるな~、と思います。

[C1128] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C1130] 1128さんへ

 私もボランティアでやっていることもあるのですが、いわゆる「ボランティア活動」ではありません。他にもボランティア活動に積極的参加している年配の方たちを知っていますが、誰かのために、というよりも自分のためにやっているように思います。活動を通して知り合った仲間との交流が楽しいとか、自分にとって良い経験になるとか、そういう一種のメリットがないとなかなか続かないのではないでしょうか。ボランティアと言えど引き受けた以上、責任があるでしょうし、活動の内容によっては不愉快なこともあるはずです。そういうのも含めてやっていこう、というのはやはり立派ですよね。

[C1131] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C1132] 1131さんへ

 確かに寄付するときにそのお金は本当に困っている人たちに届くのだろうか、と思ってしまいますよね。具体的な物で寄付するというのは私もいいアイデアだと思います。お金は抵抗があるけれど、こういう形なら協力しようという人も多いのではないでしょうか。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

ランキング参加中

このブログを面白いと思って下さった方は以下のバナーをクリックして応援してくださいね。

にほんブログ村 海外生活ブログへ

にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気blogランキングへ

コメントありがとう!

プロフィール

まゆの

Author:まゆの
フランスに住み始めて早17年。2003年からリヨンの郊外に住んでいます。フランス語に限らず語学や語学学習にはいつも関心を持っています。フランス生活についても、個人的な視点で書いていこうと思っています。家族はフランス人の夫プー、長女のえ(19歳)、長男チッチ(15歳)次女奈々(10歳)の5人、プラス2007年8月23日から飼い始めたうさぎのクッキー。

メールフォーム

ご質問・ご要望などありましたらお気軽にどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター設置してみました

リンク

管理者ページ

今のリヨンの天気は?

Click for Lyon, France Forecast

バナーをクリックすると週間天気予報も見れます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。