FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://franceonsen.blog114.fc2.com/tb.php/352-bb6013e9

-件のトラックバック

-件のコメント

[C1107] お話し聞かせてね

 ......と、お帰りになられましたらお伝えください。北欧は憧れの地なのです。ストックホルムは洗練された素敵な街ですね。なんて羨ましい! 美しい写真を撮ってきてくださると良いのですが....(いったいイタリアでは何を!?)

 駅はこれまた斬新な建物なのですね。私にはロボットの上半身に見えます。確かに降り立った駅がこの姿なら鮮烈な印象を残すことでしょう。いつごろ建てられたものなのですか?
  • 2009-04-09
  • すい
  • URL
  • 編集

[C1109] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C1111] すいさんへ

 昨日電話しましたら、珍しく全部日本語で話し、85度のサウナに入ったとか、メキシコ料理の美味しいのを食べたとか、楽しそうに話していました。J君の叔母さんとも電話で話し、チッチはとても可愛くてすごくいい子なんだとか、外面がいいみたいで助かります。

 イタリアへ行ったときはバスや電車で撮ったクラスメートの写真がたくさんありました。ピンボケ、顔の一部の拡大で目と口だけ、とか変な顔をしていたり、足だけだったり、とほとんど無意味な写真ばかり。あとバスの窓越しに撮ったホストファミリーのお母さんの写真(窓の反射でよく分かりません。)とかサッカーをしたという草原の草の写真・・・風景の写真も少しはありましたが「これ何?」みたいなものばかり。交流相手Aくんの比較的まともな写真があっただけでも上出来という感じでした。子供の視線+センス+技術ですからね~。閉じた右目をカメラにあて、左目で見て撮っていたこともありました。自分の見ている物とカメラのレンズが向いているものが全く違うので、関係ない物が写っているはずです。今回は少し大きくなったのでもう少しマシな写真を期待しているんですが・・・。
 
 このTGVの駅はわりと最近立てられたはずで、10年以内ではないでしょうか。はっきりは分かりませんが。

[C1112] 1109さんへ

 個人的な招待なので学校とは違い、出発説明会もなく気軽に出かけました。リヨンより気温が10度ぐらい低いみたいですが、電話では元気にしていました。今度はスウェーデンファンになって帰ってくるかもしれませんね。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

旅立ったチッチ

 今週と来週は学校は復活祭の休暇です。特に出かける予定はなく、なぜかピアノを弾いていて左手を痛めたのえは「無理は禁物。」と先生から言われ、バイオリンの練習も一日10分ぐらいで「バイオリンがないと暇だな~。」とか言っています。奈々も暇で退屈してDVDを見たがる毎日。家がとても静かなんですが、実はチッチが居ないんです。先週の土曜日に友達のJ君と二人でストックホルムに出発しました。

DSC_0094.jpg

 土曜日の午後、夫とJ君のお母さんのNさんと、旅立つ二人をリヨン国際空港まで見送りに行きました。上が、チッチとJ君が乗っているのではないかと思われた飛行機です。(はっきりしないところが何ですが、いろいろな飛行機が発着していて、分かりませんでした。)

 二人旅の話が出たのは実は2週間ぐらい前で、クラスメイトJ君のお母さんから突然誘われました。実はJ君の伯母さん、つまりNさんのお姉さんがスウェーデン人と結婚しており、ストックホルム近郊に住んでいるらしいのですが、Nさんの3人の息子さんを順に友達と共に招待することになっているらしく、今回3番目のJ君の番になったんだそうです。上の二人もそれぞれ友達と出かけ、楽しく過ごして来たんだとか。

 J君とは去年から同じクラスで仲がいいですし、休みの日にチッチが一日J君の家でお世話になったこともあります。J君のおじいさん、つまりNさんのお父さんはチッチのことをとても気に入ってくれているそうで、私が会った時も「礼儀正しい」「頭がいい」「言うことがいかにも子供らしくて可愛い。」と褒めっぱなしでした。今回の人選はおじいさんの推薦なのかJ君の希望なのかはっきりしませんが、せっかく誘ってくれたのですし、こういうストックホルムに行く機会などそうそう巡って来そうもないですし、急な出費なのでちょっと迷いましたが、招待を受けることにしました。チッチはパスポートもありますし、突然言われても出かけられるようにはなっていましたので、Nさんと飛行機のチケットを取り、お土産はどうする、などいろいろ話し合って出発することになりました。

 Nさんのお姉さんは国連関係に勤めているそうで、ご主人は60歳代で子供好きというより本人自身が子供のような人で広告会社を経営しながら文筆活動もしているそうです。二十歳前後の息子さんと娘さんがいて、二人ともコロンビアからの養子だそうでElle est belle, hein? (美人でしょ?)と言ってにっこり微笑んでいる浅黒い肌の女の子の写真をNさんが見せてくれました。

 チッチは一人でお泊りのお出かけは去年のイタリアでのホームステイ以来です。ちょうど一年ぐらい前ですから、チッチも一年年長になったってことですよね。一人でホームステイするのとは違い、今度はJ君も居ますし、J君は伯母さん、伯父さんとは毎年、夏とクリスマスに会うそうでもちろん知らない人ではありません。チッチは大いに乗り気でJ君からスウェーデンの良さなどを聞いて、突然降って沸いた旅行ですが、楽しみにしていました。

 出発前日の金曜日、学校から帰ってきた後、スーツケースに着替えや歯ブラシなどを入れました。「パジャマと下着を忘れないで。寒いから暖かい服を持っていってね。」などと言うと自分で用意していました。出発当日の空港では搭乗手続きの間に「しりとり、やろうよ。」と言い出し、最近凝ってよくやっているしりとりをまた私と二人でやりました。古くてもう使っていないデジタルカメラを持たせたら、さっそく空港で何枚か撮っていました。どんな写真を撮って戻ってくるのでしょう。去年のイタリアホームステイの時は使い捨てカメラを持たせましたが、訳の分からない写真が大半でした。

 土曜日の夜は遅くストックホルムに着いたので、日曜日のお昼頃にチッチから電話があり、無事に着いてお土産ももう買ったと言っていました。明日辺り、こちらからも電話してみようと思っています。

 今日奈々が「チッチ、何してるのかな~。」とつぶやいていました。のえもパソコンの最初のページにストックホルムの気温と天気が表示されるようにしてあり、何も言わないけどチッチのことを考えているんですね。今週の土曜日の夕方に戻ってくるので、一週間の旅行ですが、短いような長いような・・・。楽しんで元気に帰ってくることを祈っています。


 ついでに夫が撮った写真を載せます。

DSC_0100.jpg

 これはTGVのリヨン・サンテグジュペリ駅。空港とつながっています。リヨン市内から高速道路を使って20-30分のところにあります。

 フランス人がパピヨンと呼ぶこの建物。確かに昆虫のようですね。私にはパピヨンでも蝶ではなく蛾の方に似ているように見えるんですけど。フランス語では蝶も蛾も同じ「パピヨン」と呼ばれます。蝶と蛾を一緒くたにする感覚が私はどうも分からないんですけどね。

 正面から見ると昆虫的なこの建物も横から見ると羽の部分が優雅且つ近代的な感じで、内部は天然採光で明るく気持ちがいいです。一緒にいたNさんはリヨン空港に降り立った外国人が一番最初に目にするリヨンのイメージはこのTGVの駅かもしれないけど、これならリヨンの恥にはならないと言っていました。

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://franceonsen.blog114.fc2.com/tb.php/352-bb6013e9

0件のトラックバック

4件のコメント

[C1107] お話し聞かせてね

 ......と、お帰りになられましたらお伝えください。北欧は憧れの地なのです。ストックホルムは洗練された素敵な街ですね。なんて羨ましい! 美しい写真を撮ってきてくださると良いのですが....(いったいイタリアでは何を!?)

 駅はこれまた斬新な建物なのですね。私にはロボットの上半身に見えます。確かに降り立った駅がこの姿なら鮮烈な印象を残すことでしょう。いつごろ建てられたものなのですか?
  • 2009-04-09
  • すい
  • URL
  • 編集

[C1109] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C1111] すいさんへ

 昨日電話しましたら、珍しく全部日本語で話し、85度のサウナに入ったとか、メキシコ料理の美味しいのを食べたとか、楽しそうに話していました。J君の叔母さんとも電話で話し、チッチはとても可愛くてすごくいい子なんだとか、外面がいいみたいで助かります。

 イタリアへ行ったときはバスや電車で撮ったクラスメートの写真がたくさんありました。ピンボケ、顔の一部の拡大で目と口だけ、とか変な顔をしていたり、足だけだったり、とほとんど無意味な写真ばかり。あとバスの窓越しに撮ったホストファミリーのお母さんの写真(窓の反射でよく分かりません。)とかサッカーをしたという草原の草の写真・・・風景の写真も少しはありましたが「これ何?」みたいなものばかり。交流相手Aくんの比較的まともな写真があっただけでも上出来という感じでした。子供の視線+センス+技術ですからね~。閉じた右目をカメラにあて、左目で見て撮っていたこともありました。自分の見ている物とカメラのレンズが向いているものが全く違うので、関係ない物が写っているはずです。今回は少し大きくなったのでもう少しマシな写真を期待しているんですが・・・。
 
 このTGVの駅はわりと最近立てられたはずで、10年以内ではないでしょうか。はっきりは分かりませんが。

[C1112] 1109さんへ

 個人的な招待なので学校とは違い、出発説明会もなく気軽に出かけました。リヨンより気温が10度ぐらい低いみたいですが、電話では元気にしていました。今度はスウェーデンファンになって帰ってくるかもしれませんね。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

ランキング参加中

このブログを面白いと思って下さった方は以下のバナーをクリックして応援してくださいね。

にほんブログ村 海外生活ブログへ

にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気blogランキングへ

コメントありがとう!

プロフィール

まゆの

Author:まゆの
フランスに住み始めて早17年。2003年からリヨンの郊外に住んでいます。フランス語に限らず語学や語学学習にはいつも関心を持っています。フランス生活についても、個人的な視点で書いていこうと思っています。家族はフランス人の夫プー、長女のえ(19歳)、長男チッチ(15歳)次女奈々(10歳)の5人、プラス2007年8月23日から飼い始めたうさぎのクッキー。

メールフォーム

ご質問・ご要望などありましたらお気軽にどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター設置してみました

リンク

管理者ページ

今のリヨンの天気は?

Click for Lyon, France Forecast

バナーをクリックすると週間天気予報も見れます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。