Entries

スポンサーサイト

マルディ・グラ 告解火曜日

 今日はle mercredi des Cendres 「灰の水曜日」です。教会の水曜教室に通っているチッチは、その活動の一環だとかで、夫と奈々と一緒に夕方ミサに行っていました。そして3人とも額に灰の十字架のあとをつけて戻ってきました。私はのえと用事で出かけていたので、ミサには行かず、どうやって灰をつけたのか見られませんでした。 灰の水曜日の前日、昨日はMardi grasマルディ・グラ、告解火曜日です。これは carnaval(カーニバ...

サンテグジュペリ 「夜間飛行」

 この間、オーディオブックの楽しさを満喫したので(その記事は→こちら)、また別のオーディオブックを借りてきました。サンテグジュペリの「夜間飛行」、原題はVol de nuitです。Saint Exupéryはリヨン地方出身の作家で、市内中心部に銅像があったりして、普段ちょっと親しみを感じている作家でもあります。             サンテグジュペリの作品は実は「星の王子さま」しか読んだことがありません...

イヨネスコ生誕100年 -フィガロ紙の記事より

 先週の土曜日2月14日のことです。夫が買ってきたLe Figaroを読んでいた長女が言いました。「ねえねえ、お母さん、これ見た?」Eugène Ionesco, l'inoxydable dramaturge (ウジェーヌ・イヨネスコ、不滅の劇作家)という記事が載っていたからです。私がイヨネスコのLa cantatrice chauveを読んでいたのを知っていたのですね。(この作品についての前回の記事は→こちら。)長女が見つける前に私もこの記事を読みま...

戯曲 La cantatrice chauve - フランス語の本

 最近、Eugène Ionesco ウジェーヌ・イヨネスコ(というカタカナ表記のようです。)の戯曲La cantatrice chauveを読みました。    かなり昔ですが、この作品の冒頭部の上演の録音を音声のみ聞いたことがあります。なんだかユーモラスで笑ってしまいました。その後、この劇を見に行くのに誘われことがあり、演劇に詳しい人から「絶対笑える。」と言われました。結局、用事で劇を見に行くことは出来なかったのですが、以...

刺繍の本 --- 現代フランスの手芸事情

 この前、たまたま立ち寄った書店で見つけた本を衝動買いしてしまいました。Blackwork、日本でもブラックワークと言う名が用いられているのでしょうか。   つまりは単色のクロスステッチなんですが黒ばかりではなく黒っぽい地に白い糸で刺繍を施した作品も紹介されています。赤白、青白の作品も他では見かけますが、この本は白と黒、あるいは黒に近いブルーマリーンで統一されています。 日本の書店に行くと手芸の本...

フランス映画、フランスでも好調

   映画の話が続きますが、前回紹介した記事に先立ってフィガロ紙では1月8日にLe cinéma français devance son rival américan (フランス映画、ライバルアメリカ映画を凌ぐ)という記事がありました。 昨日は娘と最近話題のTwilightという映画を見に行きました。原作本がベストセラーになりティーンエイジャーの間で大人気で、本に夢中になった娘は映画も見たくなったというわけです。若者の間...

フランス映画の人気上昇

 紹介が遅れましたが、1月17日付けフィガロ紙にVentes record des films français à l'étranger  (海外でのフランス映画の興行成績、記録となる)という記事がありました。元記事にリンクしてありますので興味のある方はご覧ください。 2008年はフランス映画は好調だったようで、記事によると7800万人の入場が記録されており、過去15年間で最高なのだそうです。成功の理由は国際的に人気の集まった...

パリのリヨン駅の要注意事項

 週末に長女と旅行をしていたことは前に書きました。土曜日の朝TGVでリヨンを発ち、お昼にパリに着きました。着いたのはもちろんパリのリヨン駅Gare de Lyonです。リヨン行きの列車が出ているのでこの名前が付いているようです。リヨンにはリヨン駅はありません。 さて2時間足らずのTGVの旅の後、パリ・リヨン駅のホームに降り立ちました。ところがスーツケースを引っぱりながらのえが言います。「ねえ、ここ、本当にパリ...

バイオリンのコンクール

 前回書きましたように、グルメ旅行のようになってきて「何しに来たか忘れそう。」とのえも言っていたのですが、実はのえとの旅の目的はバイオリンのコンクール参加でした。パリで一泊してパリ在住のピアニストさんと練習、そしてコンクールに同行していただきました。 のえのコンクール参加はこれで4回目で、このコンクールは初めてでした。このコンクールはバイオリンを始めて2-3年目から参加でき、全部で6レベルあります...

長女との旅行

 日曜日、長女のえと一緒にブルゴーニュ地方の町Auxerreオセールに行っていました。 前日はパリにいましたが、パリでは雪や雨で暗い天気でしたが、この日のオセールは気持ちの良い天気でした。この写真を見た夫が、リヨンは雪だったのに青空だったのか、とつぶやいていました。 オセールに行ったのは初めてでした。中世の建物が残っていて可愛らしい感じの通りがありました。   有名な修道院などもあるそうですが、...

ジュニア・オーケストラのコンサート

 先週の土曜日の17時から、長女のえの参加するONL Juniorsと呼ばれているリヨン国立管弦楽団の子供教育プログラムの一環である子供のオーケストラのコンサートがありました。 のえは去年から続けて2年目、今年も第一バイオリンに入っていました。去年はコンサートの録音がラジオで放送されたのですが、今年は録音はありませんでした。(去年の記事は→こちら。) 今年は年長者が減り、去年より人数が少なくなっていました。人...

フランス語の本 Premier amour, dernier amour

   近所の図書館でオーディオブックを借りてきました。Susie MorgensternのPremier amour, dernier amourという本から抜粋して朗読しています。  この作者は児童文学書をいろいろ書いていて、名前は知っていました。アメリカ人なので英語でも書いているようですが、フランス語でも書いています。 CDの元になっている本がGalllimard Jeunesseから出ているところからして、若い人を対象にしているようですが、小さい子...

パリの風景が楽しめる絵本

 先日、図書館でSophie et le relieurという本を借りてきました。   この本は日本語からの翻訳で、この著者の別の本が以前にすいさんのブログで紹介されていて、その時にこの著者のことを知りました。この本の原題はルリユールおじさん です。 日本語の本は出来ればフランス語訳ではなくて、原文の日本語で読みたいと思ってしまいますが、この本はフランス語訳でも全く違和感がありませんでした。舞台はどことはっきり書...

Appendix

ランキング参加中

このブログを面白いと思って下さった方は以下のバナーをクリックして応援してくださいね。

にほんブログ村 海外生活ブログへ

にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気blogランキングへ

コメントありがとう!

プロフィール

Author:まゆの
フランスに住み始めて早17年。2003年からリヨンの郊外に住んでいます。フランス語に限らず語学や語学学習にはいつも関心を持っています。フランス生活についても、個人的な視点で書いていこうと思っています。家族はフランス人の夫プー、長女のえ(19歳)、長男チッチ(15歳)次女奈々(10歳)の5人、プラス2007年8月23日から飼い始めたうさぎのクッキー。

メールフォーム

ご質問・ご要望などありましたらお気軽にどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター設置してみました

リンク

管理者ページ

今のリヨンの天気は?

Click for Lyon, France Forecast

バナーをクリックすると週間天気予報も見れます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。