Entries

スポンサーサイト

フレンチ・ラップ

 のえがこの歌が好きだと言ってYou Tubeに出ているのを見せてくれました。 朝、この歌で目が覚め(目覚まし時計にラジオを使っています。)耳に残ったまま、学校へ行くと、友達が歌っていたんだそうです。「あ、それ知ってる。」となって一緒に歌ったんだとか。 のえが見せてくれたビデオはプロモーションビデオではなく、歌詞のみが表示されているファンビデオのようなものでした。 私はラップは別に好きではなく、普...

Petit Ours Brun フランスの小さい子たちのヒーロー その1

  フランスの小さい子供やその親なら誰でも知っているようなヒーローやキャラクターは誰ですか、という質問を受けました。3回シリーズでお届けしたいと思っていますが、その第一弾は、迷わずこれ。Petit Ours Brunです。「茶色のこぐま」という芸のないネーミングのくまです。             POPIという1歳から3歳児を対象とした幼児月刊誌に毎月お話が連載されており、絵本もいろいろ出ています。 内容は幼児の日常生...

アシミル社の語学学習シリーズ

 るもんがさんが仏アシミル社発行のフランス語学習教材New French With Easeでフランス語を学習されていると聞いて以来、この社のメソッドに親近感を抱いています。 これはフランス語版では「なんとか語sans peine 」(苦労なしのなんとか語」というシリーズで「なんとか語」のところが言語名になって、かなりいろいろな言語が出ています。もちろん日本語もあります。Le Japonais sans peine で、英語版はJapanese With Eas...

のえの英語 --- フランスの中学生の英語力

    先日12歳の長女、のえが、学校の音楽の時間に歌っている歌、というのを歌ってくれました。♪ シンコーックー、オーシンコックー、スメーイ~ズコーミイ~ン、シンコックー、というような歌です。そこで「それ何語?」と聞きました。「英語だよ。」えー、それが??今までもハンガリー語の歌とかクレオールの歌とかがあり、今は日本語の歌もやっているそうなので、またそういうのかと思いましたよ。 英語には...

車のパンク

 昨日のえとリヨン市内を車で走っていたら、突然ガタガタと変な音がしはじめ、走りにくくなったので、変に思ってたところ、信号停止中に歩行者の女性が近寄ってきて、「パンクしていますよ。」と教えてくれました。「やっぱり!」というわけで、急いで最寄の駐車スペースに車を止めました。 外に出てタイヤを見ると、本当にぺっちゃんこ。 車の下を覗いてスペアータイヤの存在を確認。トランクをあけてジャッキを探してみたが見...

フランスの電車の乗り方

  今はもう、SNCF(フランス鉄道)に乗ることは年に2-3回になりましたが、フランスに来たばかりの頃は毎日の通勤、通学に鉄道を使っていました。 その頃、日本の鉄道と違って面倒だと思ったことがあります。それはcompostage(切符にパンチを入れること)をしなければならない、ということです。 下の写真にあるような黄色い機械に切符をはさむとパチンと音がして、切符の一部に穴が開き、日付や記号のスタンプが押されます。...

パリのメトロに出没する人々

 パリのメトロには乗客に混じって実に様々な人が出没します。 大きく分けると次のようなジャンルに分類されると思います。 ① 楽器演奏、歌などの音楽関係  ② 物乞い(様々なパターンがある。)  ③ 手品、マリオネットなどの芸人  ④ 物売り 私たちはパリ滞在中、メトロで移動していましたので、①と②に遭遇しました。            上の写真は、そのうちの一人、トランペット吹きです。写真には写っていません...

ル・モンドの記事より 母語への愛

 昨日たまたまLe Mondeのサイトで2007年11月15日のこんな記事を見つけました。先ほどの記事(アラブ人の店員さんから私の子供に日本語を勉強するよう励まされたという話を含む。) を準備しているところだったので胸に響くものがありました。こちらの記事です。 「エリアス・クリー、『私はアラビア語で書く、私はアラブ人だから。』」と題されています。Elias Khoury : "J'écris en arabe car je suis ...

パリで買ったもの

  パリでは絵葉書を2枚とチッチのコレクションのための記念メダル(ヴェルサイユ宮殿とサクレクール寺院で)とヴェルサイユ宮殿内の売店で、記念にガイドブックを買いました。がそれ以外にも以下のものを買いました。 まずのえの靴。前の靴が傷んできていたので買わなければいけない、と思いながら、フランスは学校からの帰りも遅いですし、このところずっと週末もいろんな用事があり、一緒に買いに出かける暇がないまま、日が...

Decouvertes Gallimard というシリーズ

  今日はDécouvertes Gallimard (デクヴェルト・ガリマール)という本のシリーズを紹介します。サブブログに入れようか迷ったのですが、フランス語の本ですので、やっぱりこちらに載せることにしました。 趣味でしばらく前から中国語をやっているのですが、今は日本からNHKラジオ講座のCDやテキストを取り寄せて勉強しています。ラジオの入門編は「旅する中国語」と題して中国の世界遺産を巡りながら中国語の...

ポンピドゥーセンターの作品 その3 旅の思い出

    今日はポンピドゥー・センターの最終回です。今日はこの作品。 かなり大きな作品で、それなりの広さのある部屋の真ん中を飛んでいるように、吊り下がっている飛行機です。まず大きいのでインパクトがありました。                           後ろからみるとこんな感じです。...

モンテ・クリスト伯

   昨日、近所の図書館でこんなものを借りてきました。Le Comte de Monte Cristo, lu par Jacques Perrin (画像はありません。) アレクサンドル・デュマの小説、モンテ・クリスト伯のCDなんですが、ただの朗読じゃなくて、ラジオドラマのようになっているんです。昨日聞いて、気に入ってしまいました。...

フランス人の昼寝

  ポンピドゥー・センターの作品紹介があと一件残っているのですが、昨日読んだ雑誌の記事を紹介します。(なんか久しぶり。) 紹介する記事はSieste tariffée  (有料の昼寝)と題されていて、La Vie(この雑誌についての過去記事はこちら。)という情報週刊誌の2007年11月8日号に載っています。短い記事ですが、ちょっと面白かったので。なぜ昼寝が有料なのか。どうもお金を払ってリラックスして昼寝できる場所があ...

ポンピドゥー・センターの作品 その2

    ポンピドゥー・センターで印象に残った作品の紹介を続けます。 会場内に小さな入り口のようなものがあり、別室に入れるようになっていました。狭い入り口をくぐって入ったところはこんなところでした。                                &...

ポンピドゥー・センターの作品 その1

 今日は子供たちと訪れたパリのポンピドゥーセンターの作品から心に残ったものを紹介します。(こんなところに載せていいのか、と思いましたが、一応批評ということで。)絵画で前から好きだったものも写真を撮ったのですが、複製?になるかもと思って思いとどまりました。立体作品なら批評になるかと思ったので載せます。 子供たちが一番気に入ったのはこの作品です。美術館内を歩いていると、このようなドア?がありました。い...

パリ散策 ポンピドゥー・センター

 パリ滞在4日めに子供たちと行ったのは、Centre Georges Pompidou ポンピドゥーセンターです。パリの人はBeaubourg(ボブール)と呼んでいますが、ここは1977年に建設された時は前衛的な外観の建築が不評を買ったそうです。(建物の写真はリンクした上記サイトでご覧になれます。) 私がここに初めて行ったのはもう20年以上も前のことですが、パリの有名な美術館の中で一番気に入ったがここでした。 美術館のすぐ前の広場はいつ...

電子レンジで作るお餅

 パリ旅行について書いているところですが、ちょっと違うことを書きます。 先日、子供たちの休暇ももうすぐ終わりという頃、もち米があったので電子レンジでお餅を作りました。 以下の写真がそのお餅ですが、手伝ってくれたのえがちょっと片栗粉を付けすぎています。            食べるときは粉を払い落として食べました。 このお餅、作り方は簡単です。...

パリ散策 モンマルトル

 ヴェルサイユの翌日は、子供たちとモンマルトルへ行きました。パリへは何度も来ている子供たちですが、観光スポットに連れて行ったことはあまりなく、モンマルトルとかサクレクールとか聞いても知らないようでした。 モンマルトルの丘の上に立つ有名なサクレクール寺院、これです。            フランス語の正式名称はBasilique du Sacré-Coeur de Montmartre(モンマルトルのサクレクール大聖堂)です。通...

ヴェルサイユ宮殿 追記

 ヴェルサイユ宮殿をあとにするときに、オーディオガイドの一番最後に言っていたことがあります。昔の貴族、なんとか夫人(名前をわすれてしまいました。すみません。)が書簡に書き残しているという文章です。 この文章をつぶやきながら帰途について下さい、ということでした。Je suis allée à Versailles où tout est grand, tout est magnifique.(私は全てが大きくて、全てが素晴らしいヴェルサイユに...

ヴェルサイユ宮殿 その4

     今日はヴェルサイユの4回目。今日で終わりです。 さて、マリー・アントワネットの村の虹を見ながら、お城のまだ見ていないところを見学するべく、お城へ戻ることにしました。                       余談ですが、ここのオーディオガイドはi-podで、子供たちが格好いいと喜んでいました。前...

ヴェルサイユ宮殿 その3

    さてグラン・トリアノンを出たあとはプチ・トリアノンまで歩きました。 今日は写真が多いですよ。きれいなところが多くてついつい写真をたくさん撮ってしまったからです。 これがマリー・アントワネットが一目見て気に入ったと言うプチ・トリアノンです。                        ...

我が家の暖炉

  ヴェルサイユ宮殿見学について書いているところですが、ちょっと別のことを書きます。 昨日から暖炉に火が入りました。            暖房の一手段として去年の冬から使うようになりました。暖炉を熱を逃がさないタイプに改造したので他の暖房が要らないくらい暖まります。燃えている火を眺めるのも、案外、気の休まるものです。 今夜もパソコンを使う私の横で燃えています。去年は暖冬で、薪を大量に用意していた...

ヴェルサイユ宮殿 その2

    ヴェルサイユ宮殿の続きです。 昼食の後、また宮殿に戻りました。初めて入ったときと同じように右側の建物入り口から入るわけですが、ここが長蛇の列。長い間並んで入場を待つのは嫌だったので、お城内の見学は後回しにし、先に庭とトリアノンを回ることに決めました。正面玄関を入ってすぐの広場から左に行くと建物の横を回って庭に出ます。 庭側から見たお城はこんな感じです。お城の建物全部は写真に...

ヴェルサイユの韓国料理レストラン

   さて、ヴェルサイユでの昼食の話です。宮殿の近所を歩いて、レストランを探しました。 そして偶然韓国料理のレストランを見つけ、長女がここがいい、と言い張るものですから、他を探すのも面倒でそこにしました。外のメニューを見ても韓国料理を知らないものですから、全く意味が分かりませんでした。(それでもとりあえず入るって私もテキトーですね。) 入ってみてメニューを見てもよく分からず、メニュー・エク...

ヴェルサイユ宮殿

 パリから帰ってきましたので、旅行の写真を載せます。今回は写真が多いですよ。 パリに着いた日は子供と近所の映画館に映画を見に行って終わりました。そして翌日はヴェルサイユ宮殿へ出かけました。私は4回目ですが、子供たちは初めてです。私も最後に行ったのは10年以上前ですから随分行ってないことになります。 パリからはRERで行きますが、往復と入場券のセットになっているものを駅の窓口で見つけ、それを買いました...

Appendix

ランキング参加中

このブログを面白いと思って下さった方は以下のバナーをクリックして応援してくださいね。

にほんブログ村 海外生活ブログへ

にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気blogランキングへ

コメントありがとう!

プロフィール

Author:まゆの
フランスに住み始めて早17年。2003年からリヨンの郊外に住んでいます。フランス語に限らず語学や語学学習にはいつも関心を持っています。フランス生活についても、個人的な視点で書いていこうと思っています。家族はフランス人の夫プー、長女のえ(19歳)、長男チッチ(15歳)次女奈々(10歳)の5人、プラス2007年8月23日から飼い始めたうさぎのクッキー。

メールフォーム

ご質問・ご要望などありましたらお気軽にどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター設置してみました

リンク

管理者ページ

今のリヨンの天気は?

Click for Lyon, France Forecast

バナーをクリックすると週間天気予報も見れます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。