Entries

スポンサーサイト

Amélie Nothomb : Stupeur et Tremblements

    今日、紹介する本は、Amélie Nothomb アメリー・ノトン(出版社によってアメリー・ノートンになっているところもあります。)の「Stupeur et Tremblements」です。                     「畏れ慄いて」という邦題で翻訳も出ています。 賞を取ったり映画化されたりして、かなり話題になった本なの...

ちょっとした事件

 今、私が目の敵にしているものがあります。それは体長1cmぐらいの細長い蛾のような虫です。色は茶色で細いので目立たず、さして害がありそうな虫ではありません。しかし、なぜこんな平和なものを目の敵にしているのか。 それは数が多いからです。いつも台所に居ます。台所の棚の戸にとまっていたり、壁にいたり、棚の中にもいます・・・。一匹ぐらい居たからと言って、もはやわざわざ腹を立てる私ではありません。...

色とりどりのピーマン

  最近いろいろな色の野菜が出回るようになりましたね。先日、夫が買ってきたピーマンのセット(?)です。            夫が買ってくる少し前、一緒にスーパーに買い物に行った長女と、「きれいだねー。でも美味しいのかしら。買ってみる?」なんて話していたのですが、他に買う物もあり、見送ってしまいました。そこに夫が買ってきたので、なんだかうれしくて写真を撮りました。 写真では普通の緑に見えますが、普...

誕生日のプレゼント --- エッフェル塔の模型

  チッチがパリのおばあちゃんから8歳の誕生日のお祝いにもらった工作キットです。2日で出来あがりました。            金属片をボルトとナットでつないでいくもので、こんなに難しいものを作れるのかな、と正直思いました。対象年齢は8歳から、と箱に書いてあったんですが、チッチは模型の類を組み立てたことがなかったものですから。でも説明書を見て作っていました。部屋で一人で黙々と・・・。 スパナで締めな...

フランスの日曜大工とインテリアの雑誌

 今日紹介するのはこの雑誌。Maison & Travaux と言います。下の写真です。           最新号の9月号が出たところですから、最新号じゃなくなってしまいましたけど、庭にテラスを作るのに、床を木にするか、石のタイルにするか、と迷っていた夫がしばらく前に買ってきました。 前から時々見ていた雑誌です。日曜大工の雑誌と書きましたが、題名にあるtravaux (travail...

フランス語の練習帳

 今日はフランス語の練習問題の本を紹介します。これです。             この本、以前はPratique du français de A à Zという題名で出ていたのですが改題されたようです。私が持っているのはもう10年ぐらい前に買った旧版です。確認しましたが、内容は変わっていませんでした。 外国人向けの学習書ではないのですが、外国人も使えると書いてあります。スーパーの書籍売り場でも売っているようなメジ...

新学期始まる。

 今日、8月27日からチッチの学校と奈々の幼稚園が始まりました。チッチはCE2と呼ばれる小学校3年め、奈々はPetite séctionと呼ばれる年少組みに入りました。 新学期はフランス語で、la rentrée. 厳密には休暇明け、ということなので、夏休み以外の学校の休暇のあと始まるときも、この言葉を使います。学校以外で、休暇の後、仕事に戻るときも使います。 早いですよねー。まだ8月なのに。 今年の正式なrentr&ea...

海と船 フランス語の勉強シリーズ

   恒例の(?)旅行関連、フランス語勉強コーナー、今日は地中海で船に乗ったので、海と船関連のボキャボラリーのチェックです。                             上の写真はLe Lavandouラ・ヴァンドゥの近くの海で(夫が)撮りました。旅行の記事はこちら。 さて、海は la...

うさぎと大工仕事 フランス語の勉強コーナー

 きょうは昨日の記事の関連のボキャブラリーをチェックしてフランス語の復習、勉強をしましょう。(前回好評だったので、調子に乗ってます。)関連の記事と写真が見たい方はこちら。まず主役の一家から。一般的に動物は雄、雌、子供の三点セットです。lapin   雄うさぎ  (男性名詞)lapine  雌うさぎ   (女性名詞)lapereau 子うさぎ  (男性名詞)性別は気にせず、ただ「うさぎ」と言いたいときはlapinを使います...

うさぎが来ました。

 昨日、うさぎが来ました。クッキーと名づけました。(長女の発案です。)           Lapin Nain (ミニうさぎ)という大きくならない種類らしいです。生まれて3ヶ月だそうですから、もう二周りぐらいは大きくなりそうです。 娘と作っていたうさぎ小屋が完成したのです。でも、うさぎを迎えに行くまでに一波乱ありました。...

8月15日の楽隊の謎

     Le Lavandou ル・ラヴァンドゥの記事(その記事はこちら。)で、Assomption(聖母被昇天の祝日)というカトリックの祝日になぜこの楽隊の演奏やパレードがあるのか、不思議だったということを書きました。その後、謎が解けたので、今日は答えを書きます。           これは消防音楽隊ですが、パレードは、小規模ながらもジープに制服の軍人さんらしき人、消防局の偉い方なのか年配の方などが...

フランスの高速道路 A7

  今日は高速道路について書こうと思います。 旅行の5日目、Aix en Provence エクサンプロヴァンスを発ち、Avignon アヴィニヨンの郊外に住む友人宅でお昼ご飯に招かれていたので高速を北へ向かい、夕方アヴィニヨンを出て帰宅のためリヨンに向けて、また高速。このときはあちこちで渋滞していて思うように進みませんでした。        上の写真は前日Toulon トゥーロンからエクサンプロヴァンスに向かう時に撮りました。...

エクサンプロヴァンスのお菓子 Calissons カリソン

  旅行の4日目はToulon トゥーロン郊外にある友人宅で昼食を取り、夕方までそこで過ごしました。そしてAix en Provence エクサンプロヴァンスに住む親類のおばさんの家で夕食を取ることになっていたので、Aixへ向かいました。夜遅く予約してあったエクス市内のホテルに着き、翌朝はエクスの中心街を歩きました。             &n...

フランスの海水浴場

 ここ数日に渡ってお届けしている南仏旅行レポートの中で、2つのビーチの写真を載せました。 今回はちょっと南仏旅行から離れて、ビーチ一般の話をしようと思います。           ...

Le Lavandou  ル・ラヴァンドゥ

   家族旅行3日目はLe Lavandou ル・ラヴァンドゥで過ごしました。泊まっていたBorme les Mimosas ボルム・レ・ミモザにも海水浴場はあったのですが、Porquerollesポルクロールへ行く船に乗った港のすぐ近くにビーチがあり、子供たちがそこへ行きたがったのです。                      ...

南仏のシンボル Cigale シガール

  プロヴァンス地方の土産物屋でよく、写真ような飾り物が売られています。Cigale シガールと呼ばれるセミの一種をデザインしたものです。                  これはLes Baux de Provence レ・ボー・ドゥ・プロヴァンスという町を訪れたとき(その時の記事はこちら。)に土産物屋の店先で撮ったのですが、ここに限らず、プロヴァンス地方全域で、いろいろな形でモチーフとして使われているのが、このセミ、シガ...

地中海の島 Porquerolles ポルクロール

   今回の旅のメインの島へいよいよ出かけることになりました。Porquerolles  ポルクロールという地中海の島です。これが写真です。                         Toulon トゥーロンとSt Tropez  サン・トロペの間の海上にLes îles d'Hyères イエール諸島というのがあります。 Po...

Château des Baux de Provence ボー・ドゥ・プロヴァンスのお城

  リヨンから高速道路A7をマルセイユ方面、つまり南に向かって約2時間、メロンの産地として有名なCavaillon カヴァイヨンで高速を出てSaint Rémy を過ぎたあと、観光地として知られるLes Baux de Provence があります。(サイトはこちら、音が出ますから注意してくださいね。)中世の城壁の町で、高台にあり、Alpilleと呼ばれる山を見渡すことが出来ます。パンフレットにはお城の上から地中海が見える...

Les baux de Provence&Cathédrale d'images レ・ボー・ド・プロヴァンス 、イメージの聖堂

 南仏旅行から帰ってきました。地中海の島が今回の旅行のメインだったのですが、海へ行く前に、Les Baux de Provence レ・ボー・ドゥ・プロヴァンスに寄りました。Saint Rémy de Provence サン・レミ・ドゥ・プロヴァンスという町のカフェで軽い昼食を取り、Les Bauxに向かいました。Les Bauxは中世の町とAlpille アルピーユと呼ばれる小さな山岳地帯で知られています。これがAlpilleです...

娘と私の大工仕事

 このごろ、長女のえと私で作っているものがあります。これです。            何か分かりますか。分かりませんよねー。 実はこれは、ウサギ小屋です。ひょっとしてウサギを飼うことになるかもしれない・・・、ということで、とりあえず小屋を、と思って作り始めたんです。のえは去年からウサギを飼いたがっているのですが、未だに実現していません。私は生き物を飼うのはあまり好きではないんですけど、子供が喜ぶな...

フランス語の本

    今日は最近読んだ フランス語の本を紹介します。これです。Shan Sa 著のLa joueuse de go 。「碁を打つ女」という意味です。男性だとjoueur ですが、ここは joueuseなので女性です。女性と言ってもまだ若く20歳前だと思います。中国が舞台の小説です。                   表紙の写真欲しさにアフィリエイトしてみたんですが、なんか写真...

タコスで昼食

 友人のAさんがお昼を食べにきました。Aさんはフランスでの生活を終えて、もうすぐ日本に帰国されることになったので、子供の居るときに、と思ってお招きしました。うちの子供たちはAさんが大好きなようなので。普段私とは日本語の会話が少なめの長男チッチもAさんに、がんばって日本語で話しかけていました。            これからはなかなかお招きすることも出来ないかもしれないと思って、ちょっとテーブル...

息子チッチの誕生日

  昨日は息子のチッチの8歳の誕生日でした。             夕食の後、家族でケーキを食べました。チッチの誕生日は毎年ひっそりしています。家族だけかお客さんは多くても二人。おばあちゃんとか近所のおばさんとか。夏休みで誰も友達がいないんです。 今まで、このことで、チッチ自身が何か言ったことはなかったように思うのですが、今年はちょっと考えさせられました。...

「グローバル化」の記事 その3

  引き続き、Science Humaines (人文科学)というフランスの雑誌の2007年8-9月合併号からの記事を紹介します。(この雑誌についてはこちら。)Nous n'avons plus d'antipodes 「地球の裏はもうない」というグローバリゼーションについての特集の中の記事です。Christian GRATALOUP という人が書いています。 前回の紹介の最後に、植民地化と産業革命の関連付ける時、18世紀までの時代とその後の時代を分けて考えたほうがいい...

フランスの雑誌の記事 「グローバル化」 その2

 昨日の続きです。昨日見た部分では、20世紀後半に台頭してきた非西欧先進国と、第三世界にとどまり続けた旧植民地の境遇の違いには、植民政策を行ってきたヨーロッパにも責任があるのではないか、と論じていましたね。この後、記事は、日本の重要性の増加、新興工業国の台頭、特に中国のめざましい発展に触れ、西欧が経済的に残りの世界に遅れを取っていた時代を思い出させる、としています。...

フランスの雑誌の記事 「グローバル化」

 先日からの続きで、フランスの雑誌、Sciences Humaines (人文科学)の2007年8月-9月合併号の特集記事L'autre Histoire du monde の中の4番目の記事 Nous n'avons plus d'antipodes (地球の裏はもうない)というタイトル記事の紹介をお届けします。この雑誌と特集についての過去の記事はこちら。          記事は5ページありますが、最初の見開きに大きく朝食の写真があります。上の写真はモロッコのホテルの写...

フランスの夏

 今朝、10時ごろに起きると(寝坊ですみませんねー。)、長女が見当たらず、同じく起きたところらしい息子が、Elle est pas là.  Elle est où?  トイレにもいないよ。(お姉ちゃんがいない。どこにいるの?トイレにもいないよ。)と言います。確かにいません。そして、台所のテーブルに次のようなメモが残っていました。「15分で帰ってくるよ。しんぱいしないでね。」??? どこへ行ったのでしょう。...

フランスの雑誌

 今日、紹介する雑誌はこれです。先日パリへ行く前に駅で買った雑誌がこれです。6.50ユーロでした。パリへ行ったときの記事はこちら。              ...

満員御礼っていうのは大袈裟過ぎですが・・・

2日前に思い立って、「にほんブログ村」のフランス語のランキングに参加してみました。参加した日に、ランキングを見てみたら、なんと突然26位。そして3日めの今日、さっき見たら5位になっていました。あまり激戦区じゃないみたいですね・・・。でも、ともあれ、度々足を運んでくださっている方もいらっしゃるようで、これも皆さんのおかげだと、素直に喜んでいます。これからも地道に続けていこうと思っています。今後ともよろし...

フランス語の語彙増強作戦 接尾辞

 この勉強シリーズで前に、猛禽についての記事を書いたことがあります。その記事はこちら。そこでfauconnier  「 鷹匠」 という言葉を faucon 「鷹」からの派生ということで、挙げました。ここでは、この派生のもととなった-ierという接尾辞について書きたいと思います。接尾辞、フランス語ではsuffixeですが、単語の後ろにくっついてその単語の意味と関係のある別の言葉を作ります。接尾辞-ierは、いろいろな接尾辞...

Appendix

ランキング参加中

このブログを面白いと思って下さった方は以下のバナーをクリックして応援してくださいね。

にほんブログ村 海外生活ブログへ

にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気blogランキングへ

コメントありがとう!

プロフィール

まゆの

Author:まゆの
フランスに住み始めて早17年。2003年からリヨンの郊外に住んでいます。フランス語に限らず語学や語学学習にはいつも関心を持っています。フランス生活についても、個人的な視点で書いていこうと思っています。家族はフランス人の夫プー、長女のえ(19歳)、長男チッチ(15歳)次女奈々(10歳)の5人、プラス2007年8月23日から飼い始めたうさぎのクッキー。

メールフォーム

ご質問・ご要望などありましたらお気軽にどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター設置してみました

リンク

管理者ページ

今のリヨンの天気は?

Click for Lyon, France Forecast

バナーをクリックすると週間天気予報も見れます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。