Entries

スポンサーサイト

ポンタヴェンでのブルターニュの民族衣装パレード

 ポンタヴェンで見たブルターニュの民族衣装パレードの続きです。 村によってはreine(女王)と言ってお祭りの時などに花形になる女性を選んでいるところがあり、美人コンテストのようなものだと思うのですが、そういう女性が何人か近隣の村から参加していました。 私はパレードでミスなんとかが出る、と言うと山車やオープンカーに乗って優雅に手を振っている、というのを想像しますが、なんと女王なのに徒歩で参加していてち...

ポンタヴェンの民族衣装のパレード --- ブルターニュでのバカンス その3

 ブルターニュでのバカンス中、何かとお世話になった夫の叔母であるGさんが、ポンタヴェンでブルターニュの民族衣装のパレードがあると言うのでみんなで出かけました。同じ日にロリアンでもインターセルティック祭の一環で民族衣装のパレードがあったらしいのですが、ポンタヴェンの方が小規模な分、人出も少なく間近に見られると聞いてこちらを選びました。後で新聞でロリアンのパレードの写真を見ましたが、国際的で大規模で見...

ブルターニュでのバカンス その1

 7月の最後の週から8月10日まで家族でブルターニュに行っていました。滞在していたのはKergroës(ケルグロワーズと読みます。)という小さな村です。ロリアンとポンタヴェンの間のポンタヴェン寄りの海岸に位置します。 ブルターニュと言えば海や海岸ですが、一般的なイメージは、海水浴とか舟遊びとか、さんさんと輝く太陽の下のアバンチュールではなく、côte sauvage  (自然のままの海岸 = つまり開発...

中世の町、ペルージュ

 五月末の連休、夫の会社の人たちとPérougeペルージュに行ってきました。リヨンから車で1時間ぐらい、小さな町なので1時間もあればぐるっと一回り出来るのですが、今回はお弁当を持って朝から行き、ゆっくり午後も過ごしました。 ここがペルージュ中心広場です。日時計のある建物が中世らしい趣ですね。  同じ広場にある建物。今はカフェとなっています。  細い石畳の道が続きます。 リヨンから近い観光の町...

ヴォージュへの車の旅 その3 --- 泊まっていたホテル

 金曜と土曜、2泊したホテルはエピナルの南南東50キロぐらいのところに位置するVal d'Ajolというところにありました。 今回の旅行の目的地はエピナルだったので最初は当然エピナル市内、しかも出来れば用のある場所の近くに、と思ったのですが、インターネットでホテルを探していたらその日は高すぎず安すぎずの目ぼしいホテルは全て満室になっていました。そこで夜着くのだから少しでも近くて、値段が手ごろで快適そうなとこ...

ヴォージュへの車の旅 その1 ---フランス道路事情

 この週末、長女と二人でVosgesヴォージュ方面へ車で出かけていました。目的地はEpinalエピナルでしたが、宿泊先はその50キロぐらい手前のホテルに予約しました。金曜日の午後出発し、日曜日の夕方に帰ってきました。2泊3日の旅です。 往復900km程度の旅でしたが、ずっと運転していたのは当然私です。上は高速道路で長女が撮った写真ですが、こんな感じで高速は単調なんですよね。 写真を見てお分かりかと思いますが、照...

パリのリヨン駅の要注意事項

 週末に長女と旅行をしていたことは前に書きました。土曜日の朝TGVでリヨンを発ち、お昼にパリに着きました。着いたのはもちろんパリのリヨン駅Gare de Lyonです。リヨン行きの列車が出ているのでこの名前が付いているようです。リヨンにはリヨン駅はありません。 さて2時間足らずのTGVの旅の後、パリ・リヨン駅のホームに降り立ちました。ところがスーツケースを引っぱりながらのえが言います。「ねえ、ここ、本当にパリ...

長女との旅行

 日曜日、長女のえと一緒にブルゴーニュ地方の町Auxerreオセールに行っていました。 前日はパリにいましたが、パリでは雪や雨で暗い天気でしたが、この日のオセールは気持ちの良い天気でした。この写真を見た夫が、リヨンは雪だったのに青空だったのか、とつぶやいていました。 オセールに行ったのは初めてでした。中世の建物が残っていて可愛らしい感じの通りがありました。   有名な修道院などもあるそうですが、...

アヴィニヨンの橋の上で

 Avignon、アヴィニヨンと言うと誰もが思い出すのが♪ Sur le Pont d'Avignon, on y danse, on y danse.   Sur le Pont d'Avignon, on y danse tous en rond. ...という歌です。日本語では♪橋の上で踊るよ、踊るよ、となってしまっているので、どこの橋か分かりませんが、フランス語では「アヴィニヨンの橋」とはっきり歌っています。 だからアヴィニヨンに来たら橋も見なくちゃね、というわけで、橋を見に行きました。実はア...

アヴィニヨンへの日帰り旅行

 先週から子供たちの学校がお休みなので、夫も休みを取り、皆でアヴィニヨン郊外に住む友人宅を訪ねました。 アヴィニヨンはリヨンから南へ220キロ程度のところに位置し、車で2時間半ぐらいです。友人宅で昼食をご馳走になったあと、友人のDさんと、娘さんCちゃんの案内でアヴィニヨン市内へ出かけました。 古くからある街らしく、石畳の通りの両側に古い建物が連なる通りがたくさんありました。どれもよく手入れされていて、...

La cité de la sciences et de l'industrie

  パリ滞在の続きです。今回紹介するのはla cité des sciences et de l'industrie、まあ科学技術館という感じですが、普段はla Viletteという呼称で親しまれています。 今回の見学先で一番子供が喜んだのはここでした。(奈々は近所のCさんが一日預かりたい、とおっしゃったのでお言葉に甘えて預け、上の二人だけ連れて行きました。)ここも広いんですよね。とても全部は見切れないです。まず地図をもらい、子供...

パリの動物園

 さて自然史博物館のあとはオルセー美術館を予定していたのですが、奈々にわかりやすいものを、と思い直し、動物園に変更しました。パリに住んでいたこともある私ですが、この動物園には一度も行ったことがありませんでした。 パリの人にはZoo de Vincennes(ヴァンセンヌの動物園)の名で親しまれていますが、住所はぎりぎりでパリ市内のようです。正式名称はParc zoologique de Paris、前日に訪れた国立自然史博物館の組...

パリの国立自然史博物館

 国立図書館へ行ったのは知人に会う目的があったのですが、あまり子供が喜ぶ施設ではなかったので、もう少し子供が喜びそうなところで国立図書館から遠くないところ、ということで、ここを選びました。 Muséum national d'histoire naturelle自然史博物館には植物園や鉱物博物館もありますが、一番有名なのはGrande galerie de l'évolutionというメインの建物で生物の進化の歴史が一望できるようになっています。&...

パリの東洋美術館

 子供たちを連れてパリへ行っていました。下はパリのリヨン駅です。旅行シーズンなので荷物を持った人でいっぱいでした。 でもパリ市内は8月は人が少なく、交通渋滞も少ないと言われています。夏休みで出かけている人が多く、学生も帰省しているからですが、実際、商店も夏季休業中のところが多かったです。 前回6月の週末に用があってパリに来ていましたが、その前に子供と来たのは去年の10月です。去年来た時は、パリの観光名...

ナントで見た新しいもの

 5年ぶりに訪れたナントで会った人たちから「象は見たほうがいい。」と言われました。「象って何?」と思いながら案内されるままに見に行ったのがこれです。 ロワール川沿いの新開発地区に出来たこの象は機械仕掛けで人を乗せてゆっくり歩きます。歩行時間は45分で、乗象料金は近くの博物館の入場料と合わせて6ユーロ。大人気で予約しなければ乗れないとかで私たちは乗りませんでした。 木と皮を組み合わせた作りでデザインもち...

子供たちとのルーブル美術館

 せっかくパリに来たのだから観光らしいことをしよう、ということになり、かねてから連れて行こうと思っていたルーブル美術館に子供たちを連れて行きました。 ルーブル美術館はご存知の通り、とにかく巨大で一度に全部見るなど不可能です。ましてや子供連れ、上手く回らないと退屈して不機嫌になりかねません。Musée(美術館、博物館)って大人はある程度の背景知識がありますし、作品の題名や展示物の横にある簡単な解説...

鳥のショー その2

 さて鳥のショーではペリカンに始まりサギの仲間や雁が出てきて、動きの美しさを楽しみましたが、いよいよ色も美しいオウムperroquetの仲間たちが登場しました。 オウムはきれいな鳥ですが、かごの中にとまっている姿はよく見かけても、飛び回る姿はあまり見たことがなく、自由に飛び交うオウムの姿を鑑賞しました。一度に何羽も飛びますし、観客のすぐ頭上を飛び交うので、驚いて頭を低くしている人もたくさんいました。...

鳥のショー

     昨日の鳥のパークの話の続きです。この鳥のパークには鳥のショーもありました。以前に猛禽のショーの話を書きましたが、(その記事はこちら。)このパークはパンフレットで見るとオウムなど、色のきれいな鳥が中心になっているので、鳥のショーも猛禽ではなくオウムなどが出るのだろう、と思って見に行きました。 鳥のショーはSpectacle des Oiseaux en Vol (飛ぶ鳥のショー)と題されていますので、オ...

鳥類のパークへ行きました。

 昨日はアメリカ出張から戻ってきた夫がみんなで鳥を見に行こう、と言い出し、パリから来ていたおばあちゃんと一緒にみんなでLe Parc des Oiseaux 鳥類のパークへ行ってきました。(車一台には全員乗れないので2台で。)数回に渡って写真をたくさんアップする予定です。 リヨンの北東に位置するVillars-les-Dombesという町にあります。うちから1時間ぐらいで着きました。入り口を入るとflamants roses フラミンゴがお出迎えです...

スノーパークとスキー場の新ビジネス

    この間出かけたOrcièresのスキー場にSnow Parkなるものがありました。英語の名称です。それはスキーを履いていない歩行者も乗れる(つまり登るだけでなくそのリフトで下って戻ってくることも出来るということです。)大きなリフトで登って行ったところにあります。 リフトからこんなものが見えました。  これはiglooイグルーと呼ばれていました。iglooというのはエスキモーの氷の家のことです。でも...

雪の中の散歩

  またスキー場の話題に戻りますが、今日はスキーではありません。雪の中の散歩の話です。         OrcièreのOffice de Tourisme(観光案内所)に山岳ガイド(Guide de montagnes)の窓口があり、raquettes(かんじきのようなもの)を履いて歩くツアーに申し込むことができます。テニスなどのラケットと同じ名で呼ばれる「かんじき」は、昔は木製でテニスのラケットによく似た形をしていたので、この名がついたよ...

フランス・スキー学校 3歳児からのクラス

  今日は奈々のスキー・スクールの話題です。フランス・スキー学校(ESF)には3歳から5歳のスキー教室があります。その名はClub Piou-Piou、(ピウピウと発音します。)ぴよぴよクラブです。いかにもよちよちやってそうな名前ですよね。2年前、まだ奈々が1歳半の頃、奈々をそりに乗せて、別のスキー場ですがピウピウの練習を見に行ったことがあります。帰ってきて奈々に、「ぴよぴよクラブのお兄さん、お姉さんの練習を見...

フランス・スキー学校

  今日はスキースクールの話です。我が家の12歳、8歳、3歳の3人はESFと略して呼ばれているEcole du Ski Françaisのグループレッスンに日曜日から金曜日の朝9時から11時半まで(3歳の奈々は9時半から12時まで)通っていました。今日は上の二人のレッスンを中心に書きます。奈々のレッスンについてはまた明日。   OrcièreのESFはこれ。ここで申し込めますが、ネットで出発前に申し込むことも出...

家族でスキー旅行

  2年ぶりに家族でスキーに出かけました。今年の行き先はOrcièresというところです。              アルプスの南側に位置し、天気が良いので有名なところです。 アルプスの南側は暖冬だと雪がないところもあるのですが、今年は寒いので大丈夫だろう、とここにしました。去年、スキーに出かけた友達は、雪が全く無くてスキーなんて出来なかった、と言っていましたが、このスキー場はアルプスの南側で唯一、...

フランスの電車の乗り方

  今はもう、SNCF(フランス鉄道)に乗ることは年に2-3回になりましたが、フランスに来たばかりの頃は毎日の通勤、通学に鉄道を使っていました。 その頃、日本の鉄道と違って面倒だと思ったことがあります。それはcompostage(切符にパンチを入れること)をしなければならない、ということです。 下の写真にあるような黄色い機械に切符をはさむとパチンと音がして、切符の一部に穴が開き、日付や記号のスタンプが押されます。...

パリ散策 ポンピドゥー・センター

 パリ滞在4日めに子供たちと行ったのは、Centre Georges Pompidou ポンピドゥーセンターです。パリの人はBeaubourg(ボブール)と呼んでいますが、ここは1977年に建設された時は前衛的な外観の建築が不評を買ったそうです。(建物の写真はリンクした上記サイトでご覧になれます。) 私がここに初めて行ったのはもう20年以上も前のことですが、パリの有名な美術館の中で一番気に入ったがここでした。 美術館のすぐ前の広場はいつ...

パリ散策 モンマルトル

 ヴェルサイユの翌日は、子供たちとモンマルトルへ行きました。パリへは何度も来ている子供たちですが、観光スポットに連れて行ったことはあまりなく、モンマルトルとかサクレクールとか聞いても知らないようでした。 モンマルトルの丘の上に立つ有名なサクレクール寺院、これです。            フランス語の正式名称はBasilique du Sacré-Coeur de Montmartre(モンマルトルのサクレクール大聖堂)です。通...

ヴェルサイユ宮殿 追記

 ヴェルサイユ宮殿をあとにするときに、オーディオガイドの一番最後に言っていたことがあります。昔の貴族、なんとか夫人(名前をわすれてしまいました。すみません。)が書簡に書き残しているという文章です。 この文章をつぶやきながら帰途について下さい、ということでした。Je suis allée à Versailles où tout est grand, tout est magnifique.(私は全てが大きくて、全てが素晴らしいヴェルサイユに...

ヴェルサイユ宮殿 その4

     今日はヴェルサイユの4回目。今日で終わりです。 さて、マリー・アントワネットの村の虹を見ながら、お城のまだ見ていないところを見学するべく、お城へ戻ることにしました。                       余談ですが、ここのオーディオガイドはi-podで、子供たちが格好いいと喜んでいました。前...

ヴェルサイユ宮殿 その3

    さてグラン・トリアノンを出たあとはプチ・トリアノンまで歩きました。 今日は写真が多いですよ。きれいなところが多くてついつい写真をたくさん撮ってしまったからです。 これがマリー・アントワネットが一目見て気に入ったと言うプチ・トリアノンです。                        ...

Appendix

ランキング参加中

このブログを面白いと思って下さった方は以下のバナーをクリックして応援してくださいね。

にほんブログ村 海外生活ブログへ

にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気blogランキングへ

コメントありがとう!

プロフィール

まゆの

Author:まゆの
フランスに住み始めて早17年。2003年からリヨンの郊外に住んでいます。フランス語に限らず語学や語学学習にはいつも関心を持っています。フランス生活についても、個人的な視点で書いていこうと思っています。家族はフランス人の夫プー、長女のえ(19歳)、長男チッチ(15歳)次女奈々(10歳)の5人、プラス2007年8月23日から飼い始めたうさぎのクッキー。

メールフォーム

ご質問・ご要望などありましたらお気軽にどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター設置してみました

リンク

管理者ページ

今のリヨンの天気は?

Click for Lyon, France Forecast

バナーをクリックすると週間天気予報も見れます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。