Entries

スポンサーサイト

カルフールの広告に思う。 フランスのサッカーチームの活躍や如何に。

 どこの家庭でも同じかと思いますが、我が家でも毎日のように、郵便受けにさまざまな広告が入ります。お店の広告には分厚いカタログのようになっているものもあり、いろいろな製品の大体の値段なども分かりますので、休憩時にパラパラと見ることがあります。 このような毎度受け取る広告類の中に大手スーパーCarrefour カルフールのテレビの広告がありました。冊子になっていて、いろいろな機種のテレビの写真が値段や機能の説...

アイスランドの火山噴火

 アイスランドの火山噴火の影響をかなり間接的ですが、うちも受けることになりました。といっても大した影響じゃないんですが。 この夏、チッチが一人で日本に行くことになったので、飛行機のチケットを取るために夫が電話していました。ところがチケット手配の担当者は手がふさがっているとかで、他の人が出て、手が空き次第、向こうから連絡をくれる、ということだったのですが、ちっとも電話がかかってこない・・・。痺れを切...

不況 --- フランス人の見方 (リヨンのカフェで)

 今朝は用があり、リヨン市内のカフェで時間潰しをしなければならなくなりました。こんなこともあろうかと持っていたのがiPodと趣味で勉強中のNHKラジオ講座のテキスト。こういう待ち時間にちょっと勉強して時間を活用するようにしているのですが、実は案外勉強に便利なカフェがないものなんです。 きれいで親切で紅茶がまずくなくて(美味しいのはもはや期待していません。フランスのカフェで美味しい紅茶が出たことがな...

高校生のデモ

 今日はチッチと奈々に加えて、遅く授業が始まるのえもついでに途中のメトロの駅まで送っていくことになりました。ところが一緒に学校へ連れて行くJ君くんの到着を待っていたり、奈々がおトイレに行くのを忘れていて後から行ったりで、出発が遅れ、おまけに途中工事で片側通行になっているなどして、遅くなってしまいました。 一人でメトロで行くとぎりぎりになるので、チッチたちの学校の近くからバスが出ているのでそれに乗る...

フランス国立図書館

    パリ3日目、月曜日の朝は子供たち3人を連れてフランス国立図書館Bibliothèque Nationale de France François Mitterrand(略してBNF)へ行って来ました。この図書館は1996年に現在の場所に新設開館されました。大きなビルが四つあり地下でつながっています。地上20階、地下10階だそうです。(地上19階と20階はエレベーターで行けないらしいです。) 隣のビル(これも図書館の一部)はこちら。...

奈々がはまっているキャラクター

 奈々がここ数ヶ月大変気に入っているキャラクターを紹介します。きっかけは去年の夏、日本に引っ越したMちゃんからもらった自転車にこのキャラクターがついていたことです。その後、このキャラクターをあちこちで見かけることに気が付いた奈々は、見るたびに、「私も持ってる。」とか「同じ。」とか言って興奮し、どんどんはまっていきました。もう飽きるかと思ったら、最近ますますはまっていますので、紹介することにしました...

フランスの移民政策の一環としての授業

 先日、長男チッチ(8歳)の学校から紙をもらってきました。その紙には次のように書いてあり、ちょっと驚きました。L'Education nationale et divers consulats d'Algérie, d'Espagne, du Maroc, du Portugal, de Tunisie, et de Turquie, peuvent organiser des cours de "Langues et culture d'origine" destinés aux élèves dont les parents ou le grands-parents sort issus de l'imm...

フランスの小さい子たちのヒーロー その2

      今日はフランスの小さい子供や親なら誰でも知っているヒーローやキャラクターは誰?という質問への答え、その2です。先日はPetit Ours Brunを紹介しましたが、(その記事はこちら。)今回はLéo et Popiです。 Léoは2歳半から3歳ぐらいの男の子(お話の中では幼稚園にはまだ行っていなくて託児所に行っているようなのでこのぐらいの年齢かと思いました。)で、Popiは Léoが持...

Petit Ours Brun フランスの小さい子たちのヒーロー その1

  フランスの小さい子供やその親なら誰でも知っているようなヒーローやキャラクターは誰ですか、という質問を受けました。3回シリーズでお届けしたいと思っていますが、その第一弾は、迷わずこれ。Petit Ours Brunです。「茶色のこぐま」という芸のないネーミングのくまです。             POPIという1歳から3歳児を対象とした幼児月刊誌に毎月お話が連載されており、絵本もいろいろ出ています。 内容は幼児の日常生...

フランスの文盲率

 先日紹介した、La Vie という雑誌に、Illettrisme(文盲の状態)と題したコラムがありました。 最近では「文盲」という言葉は差別的だということで、「非識字人口」と置き換えられたり、文盲率ではなく、逆の職字率を掲げたりしているようですね。 フランスではillettrisme (文盲)という言葉は普通に使われて言います。文盲の人は illettré と言います。これはanalphabétisme (人のことはanalphab&e...

フランスの小学校の外国語教育

  昨日の夜、チッチのクラスの保護会があり、出席しました。チッチの学年はCE2と呼ばれる、小学校の3年目の学年です。担任の先生が実は二人います。一人は小学校の校長も兼任しており、校長職半分、担任としての仕事半分、という勤務形態になっているので、もう一人、フルタイムの半分の時間働く、ハーフタイムの先生がいます。だから二人で先生一人分の仕事になるわけです。説明によると、二人で授業を分担し合い、読み物はA...

フランスのラテン語教育

  すいさんのブログ、「ねむたい小ウサギ」にて「ラテン語の夕べ」が催されまして、そちらに参加して参りました。(こう書くととても高尚な夕べであったかのような印象を与えますが、実は違います。私は、ラテン語って難しくて分からない、というような話をしていただけでして・・・。) でもその中で思い出したのが、私の持っているラテン語の教科書です。これです。                        久し...

Appendix

ランキング参加中

このブログを面白いと思って下さった方は以下のバナーをクリックして応援してくださいね。

にほんブログ村 海外生活ブログへ

にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気blogランキングへ

コメントありがとう!

プロフィール

まゆの

Author:まゆの
フランスに住み始めて早17年。2003年からリヨンの郊外に住んでいます。フランス語に限らず語学や語学学習にはいつも関心を持っています。フランス生活についても、個人的な視点で書いていこうと思っています。家族はフランス人の夫プー、長女のえ(19歳)、長男チッチ(15歳)次女奈々(10歳)の5人、プラス2007年8月23日から飼い始めたうさぎのクッキー。

メールフォーム

ご質問・ご要望などありましたらお気軽にどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター設置してみました

リンク

管理者ページ

今のリヨンの天気は?

Click for Lyon, France Forecast

バナーをクリックすると週間天気予報も見れます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。